印刷版   

とても疲れるけど、授業料を貯めることができれば…

自分の手で授業料を稼ぐ子供たち

 【大紀元日本5月23日】全国政治協商会議第10期第三回会議のリーク情報によると、全国機関の交通費、接待費、海外研修費は年間それぞれ3000億、2000億、2500億元に達し、その大部分は指導幹部らに浪費されているという。湯水のように公費を使いまくる官吏たちがいる一方で、自分の手で授業料を稼がなければならない子供たちがいる。中国の教育法には9年間の無償の義務教育が明記されており、小学校、中学校では授業料を収める必要がないはずなのだが…。

 貴州省赤水市へ出張に行った際、心痛ましい場面を見た。まだ幼い男の子と女の子の二人が、大人たちに混じってレンガを背負って運んでいた。煉瓦の重さは少なくとも25キロはあるようだった。二人の勤勉さに感心しながらも、いたたまれない気持ちになった。男の子は「とても疲れるけど、授業料を貯めることができれば…」と笑顔で教えてくれた。

 私と同行した同僚は目を熱くしていた。私の心もしばらく落ち着かなかった……
気をつけて、足を打たないように
重すぎるよ
やっと背負うことができた


(博訊ニュースネットより)

[中国語版又は英語版]:http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/04/200504111051.shtm

 (05/05/23 15:22)  





■関連文章
  • 東京都板橋区の親子たこあげ大会(05/05/13)
  • 大学に受かったら、大変?(05/05/12)
  • 農村の子供たちを助けて!百人の博士が温家宝に上書(05/03/15)