印刷版   

6月12日、小泉首相は衆院で、将来の増税幅をできるだけ少なくするよう、歳出削減や改革を続行すると表明。5月撮影(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

将来の増税幅縮小に向け歳出削減や改革続行=衆院で首相

 小泉首相は、足元の景気について「着実に景気回復の軌道に乗ってきた。改革の成果が出てきたと思っている」と評価。そのうえで、公共事業を行って借金を増やすことも増税も景気回復にマイナスとなるとし「将来、増税幅をできるだけ少なくするためにも、歳出削減の手を緩めてはならないし、改革を止めてはならない」と述べた。

 衆院決算行政監視委員会で亀井委員(国民新党)の質問に答えた。

[ロイター12日=東京]

 (06/06/12 17:01)  





■関連文章
  • 中国国営メディア、日本の防衛庁の省昇格案を非難(06/06/12)
  • 1─3月GDP2次速報は上方修正、内需デフレーターが5期ぶりにプラス(06/06/12)
  • 長野県知事、台湾で観光キャンペーン (06/06/12)
  • 韓国沿岸警備当局、初の国際合同演習を釜山沖で実施(06/06/10)
  • オウム真理教の教祖・麻原彰晃被告、今週中にも死刑確定か(06/06/09)
  • 次期首相選挙、対中国関係が争点になるか(06/06/08)
  • 北朝鮮難民救援基金・野口孝之氏「脱北者救済の鍵は、中国当局にあり」(06/06/07)
  • 「甘え」の文化(06/06/06)
  • サッカー=日本代表DF加地、練習を再開(06/06/06)
  • 緩和的な金融状況が当面は維持され得る=日銀副総裁(06/06/06)
  • 「中央アジア+日本」外相会合、中露けん制への関係強化(06/06/06)
  • インタビュー:当預水準と利上げは別問題=日銀局長(06/06/05)
  • サッカー=親善試合、日本がマルタに辛勝(06/06/05)
  • 村上ファンドが阪神株売却の方針、TOB成立の方向へ(06/06/05)
  • 【ことばの豆知識】和尚打傘(06/06/04)