印刷版   

6月27日、欧州連合(EU)は、米ソフトウエア大手マイクロソフトに対し、EU競争法に違反したとする正式な判定を下すもようだ。写真は1月、マイクロソフトのゲイツ会長(2006年 ロイター/Sebastian Derungs)

EU、マイクロソフトを正式に競争法違反と判定し罰金科す可能性

 欧州連合(EU)は、米ソフトウエア大手マイクロソフトに対し、EU競争法に違反したとする正式な判定を下すもようだ。27日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。

 マイクロソフトには1日につき最大200万ユーロ(251万ドル)の罰金が科せられる可能性があるとしている。

 欧州委員会は2004年3月、マイクロソフトに対し、巨額の罰金を科すとともに、競合企業が同社システムとの互換性を確保できるよう基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の「完全かつ正確な」情報を提供することなどを命じていた。

 FT紙は関係筋の話として、この命令が完全に順守されていないとする判定の草案を欧州委員会がまとめていると伝えた。

 同紙によると、判定の草案は7月3日に各国の競争担当当局に提出され、同12日に欧州委員会のクルス委員(競争政策担当)が発表する見通しだという。


[ロイター27日=ロンドン]

 (06/06/27 12:50)  





■関連文章
  • ヤフー、中国でもっとも厳しい検閲検索エンジン=国境なき記者団(06/06/21)
  • マイクロソフト、新メッセンジャーサービス提供開始へ(06/06/20)
  • 米マイクロソフトのゲイツ会長、08年中に経営の一線から引退へ(06/06/16)
  • 米マイクロソフト、8件の「緊急」レベルのソフト欠陥を公表(06/06/14)
  • シマンテック社、セキュリティソフトウェアに深刻な欠陥(06/05/29)
  • MSN中国現地法人、大規模なシステム故障(06/05/22)
  • 陳水扁・台湾総統:中国民主化こそ、両岸と世界に永久平和(06/05/14)
  • 米マイクロソフト株急落、1日で3百数億ドル損失(06/05/02)
  • 欧州連合(EU)、ベラルーシ大統領らの入国禁止を決定(06/04/12)
  • 大英図書館の10万冊の蔵書をネット図書館に(06/03/14)
  • 米議会証人喚問:大手ネット企業4社を厳しく非難(06/02/18)
  • 米フォーブス誌:中共のネット封鎖突破の現実を詳しく報道(06/02/16)
  • MS社、中国の情報検閲に協力、ブログ削除方針も(06/02/03)
  • イラク:鳥インフルエンザ感染、初の死者を確認(06/02/02)
  • グーグル社、中国に進出、中共の検閲に同意(06/01/28)