印刷版   

6月18日、イランのモッタキ外相は同国の核開発をめぐる問題で、解決の糸口となり得る「ポジティブな雰囲気」が生み出されたと発言。17日撮影(2006年 ロイター/Morteza Nikoubaz)

イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相

 イランのモッタキ外相は18日、同国の核開発計画をめぐる問題で、解決の糸口となり得る「ポジティブな雰囲気」が生み出されたと述べた。ただ、提示を受けた包括見返り案に対する返答時期については言及しなかった。

 同外相はまた、いかなる協定も5常任理事国およびドイツと協議する必要があるとの見解を示した。

 西側諸国の間では、イランが決断を遅らせて時間を稼ぎ、その間にウラン濃縮プログラムを既成事実化するのではないかとの懸念がでている。

 モッタキ外相はイラン国営テレビに出演し、核問題について「ポジティブな雰囲気が生み出されており、合意に達する道が開かれる最高の機会となる可能性がある」と語った。

 包括見返り案については、アハマディネジャド大統領をはじめイランの高官らがよりポジティブなコメントを出しているが、ウラン濃縮作業を断念する兆候は一切みられていない。

(ロイター6月18日=テヘラン)

 (06/06/19 08:23)  





■関連文章
  • 中国・ロシアと多くの問題で意見一致=イラン大統領(06/06/16)
  • イラン、新たなウラン濃縮を開始=IAEA報告書(06/06/09)
  • イラン最高指導者の発言は「仮定の話」=米政府が忍耐呼び掛け(06/06/06)
  • イラン、2010年までに核兵器保有の可能性=米国家情報長官(06/06/02)
  • イラン、中国の原料で濃縮ウランを加工(06/05/20)
  • イスラエル、58回目の独立記念日(06/05/04)
  • 「東北アジア協力対話」会議終了、個別接触結果、6カ国再開できず(06/04/13)
  • 米専門家:北朝鮮核危機による最大の受益者は中共(06/03/30)
  • 鳥インフルエンザ、欧州やインド、イランに拡散(06/02/20)
  • イラン、ウラン濃縮再開、アジア環太平洋会議、核拡散防止急ぐ(06/02/15)
  • イラン核問題、IAEA緊急会議、3日に再開(06/02/03)
  • ブッシュ大統領、一般教書演説、自由民主拡大を強調(06/02/02)
  • 国連常任理事国代表、イラン核問題、安保理付託に合意(06/02/01)
  • 中国とロシア、イランの核問題を国連安保理への提出に同意(06/02/01)
  • 米政府、ハマスに武器解除を呼びかけ、軍事制裁も視野に(06/02/01)