6月30日、ビンラディン容疑者、米国とその同盟国との戦いを「あらゆる場所で」継続すると宣言。国際刑事警察機構提供(2006年 ロイター) 2006/06/30

ビンラディン容疑者、米国とその同盟国との戦いを「あらゆる場所で」継続宣言

 アルカイダの指導者ビンラディン容疑者は、米国およびその同盟国との戦いを「あらゆる場所で」続けていくと宣言した。30日にウェブサイト上で発表された録音テープの中で述べた。

 同容疑者はその中で「われわれは米国(米軍)とその同盟国と、イラクやアフガニスタン、ソマリアやスーダンで戦い続けていく。以前ソマリアでやったように打倒し、資金を浪費させ、人々を殺し、敗北のうちに国に引き揚げていくまで戦う」と語っている。



[ロイター30日=ドバイ]