6月24日、サッカーW杯ドイツ大会の開催地シュツットガルトで英独サポーターが衝突、警察200人前後を拘束した(2006年 ロイター/Toby Melville)

W杯で英独サポーター衝突、警察が200人前後を拘束

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会が行われている同国南部の都市シュツットガルトで24日、イングランドとドイツのサポーターが衝突し、警察が200人前後を拘束する騒ぎが起きた。

 事件が起きたのは決勝トーナメント1回戦のドイツ─スウェーデン戦終了直後。同市中心部には勝利を祝うドイツのサポーターや、25日にエクアドル戦を控えるイングランドのサポーターが多数集まっていたが、お互いに瓶やいすを投げつけるなどし、一部では殴り合いとなる場面もあったもよう。

 地元警察は暴行容疑などでサポーター約200人を拘束。イングランド─エクアドル戦を前に、警戒態勢を強めている。

(ロイター6月24日=シュツットガルト)