印刷版   

6月29日、経済産業省が発表した5月の鉱工業生産指数速報は、前月比1.0%の低下で、3カ月ぶりの低下となった。写真は2004年11月に秋葉原で撮影(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

5月鉱工業生産は‐1.0%、上昇傾向との判断維持

 経済産業省が発表した5月の鉱工業生産指数速報(2000年=100、季節調整済み)は、前月比1.0%の低下で、3カ月ぶりの低下となった。経済産業省は、生産の基調判断を「緩やかな上昇傾向」として据え置いた。

 ロイターの事前予測調査では、前月比0.1%低下だったが、発表の数字はこれを下回った。ただし、金融市場への影響は限定的なものにとどまっている。先行きの生産予測は6、7月とも上昇が続く見通しとなった。

 5月の生産指数は104.0となり、4月の105.1(確報値)から低下した。

 5月の鉱工業出荷は前月比マイナス1.0%、在庫はマイナス1.4%だった。

 製造工業生産予測指数は、6月が前月比プラス2.7%、7月が同プラス1.1%の見通しとなった。

 三菱UFJ証券・投資情報部長の藤戸則弘氏は、発表数値は事前予想を下回ったものの

「先行き3カ月程度でみれば、緩やかな上昇傾向というペースが続いている。単月は下振れたが、必要以上に悪材料視はされないだろう」として、株式市場への影響は限定的だとコメントしている。

 みずほ証券・シニアマーケットエコノミストの清水康和氏は「在庫調整が進んでいるので、生産が今後減っていくというよりは、緩やかな回復が7─9月にかけて続いていくことになりそうだ。景気が踊り場になるか否かは、先々の話になるとみられる」と分析している。

(ロイター6月29日=東京)

 (06/06/29 09:53)  





■関連文章
  • インタビュー: 企業業績の上方修正が相場回復のきっかけに=Mスタンレー(06/06/29)
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • 沖縄駐留米軍、「パトリオット‐Ⅲ」を年内初度配備か(06/06/27)
  • インタビュー:7月会合では情勢判断重要に=水野日銀審議委員(06/06/27)
  • 8月15日の靖国参拝、そんなに争点化しようとしなくてもいい=首相(06/06/26)
  • 日中関係の正常化に向け日本政府は行動を=中国国務委員(06/06/26)
  • 基礎収支黒字化に向けた歳出削減、11.5─14.5兆円で調整(06/06/26)
  • 【ことばの豆知識】丈夫(06/06/24)
  • 対日牛肉輸出問題、再開まで解決したとみなさず=米通商代表(06/06/24)
  • サッカー=W杯、日本は悔しい1次リーグ敗退(06/06/23)
  • インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相(06/06/22)
  • 証券監視委、村上容疑者を東京地検に告発(06/06/22)
  • 在留台湾人評論家・黄文雄氏「東シナ海のシーレーンは、21世紀の中国にとっての生命線」(06/06/22)
  • 日本の富裕層、05年に4.7%増の141万人=調査(06/06/22)
  • 牛肉輸入全面禁止は今後ない見込み米農務長官(06/06/22)