■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/06/html/d21819.html



6月8日、インド株式市場は4.96%下落し20週間ぶりの安値で取引を終了。写真はムンバイの証券会社で4月に撮影(2006年 ロイター/Punit Paranjpe)

インド株が4.96%安で取引終了、20週ぶり安値に

 8日のインド株式市場は4.96%下落し、20週間ぶりの安値で取引を終了した。米経済の低迷や金利上昇に対する懸念が売りの背景にある。また、投資信託が顧客の解約に対応するため売りを出していることも圧迫要因となったもよう。

 BOBミューチュアル・ファンドの運用担当者は「買い手不在の状態だ。誰もがとにかく利益を確定しようとしている」との見方を示した。

 SENSEX指数の終値(暫定ベース)は9273.03。1月18日以来の安値で、年明け以降の上昇分がとほんど消えた格好となった。

(ロイター6月8日=ムンバイ)