印刷版   

7月23日、米金融専門バロンズ紙(24日発行)は、過去2カ月にわたり軟調に推移した米株式市場には大型株を中心に買い場が訪れていると報じた。写真はニューヨーク証券取引所。6月23日撮影(2006年 ロイター/Peter Foley)

米株式市場、大型株を中心に買い場が到来=バロンズ紙

 24日発行の米金融専門バロンズ紙は、過去2カ月にわたって軟調に推移した米株式市場には、大型株を中心に買い場が訪れていると報じた。株価収益率(PER)が10倍を下回っているシェブロンやリーマン・ブラザーズ、ダウ・ケミカルなどが有望としている。

 同紙は、世界の多くの株式市場で年後半に向けた上昇の兆しが出ており、相場反発でもっとも恩恵を受けるのは大型株だと指摘。予想業績を基にしたPERが15─18倍で取引されている世界的に有名な企業の株式は、約5%で推移する債券利回りに比べ、合理的かつ魅力的な水準だとしている。

 また、S&P500種総合指数採用企業の2006年の予想営業利益をベースにしたPERは現在15倍を下回っているとし、過去15年間で同水準を下回ったのは1994年末の1回ぐらいだとしている。

(ロイター7月23日=ニューヨーク)

 (06/07/24 10:16)  





■関連文章
  • 現代中国経済に見られる「四つの怪奇現象」(06/07/21)
  • 米農務省、BSE監視プログラムの縮小を発表へ=関係筋(06/07/20)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 元北朝鮮人民会議議長・黄長華氏「中朝関係は、根本的に変わらないし、安保理決議案で、北(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • 北朝鮮で集中暴雨、90年以降最大(06/07/19)
  • 対中外交政策は検討し直すべき=米国シンクタンク(06/07/18)
  • 日経平均が300円を超える大幅下落=東京株式市場(06/07/18)
  • ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省(06/07/18)
  • 米国産牛肉加工品の混入、輸出再開に影響せず=米農務省(06/07/15)
  • 日経平均200円安、先月末以来の1万5000円割れ(06/07/14)
  • 5月米貿易赤字は638.4億ドルに小幅拡大、石油輸入額は過去最高(06/07/13)
  • ロシア、WTO加盟めぐり米通商代表と会合へ(06/07/12)
  • ヒル米国務次官補が北京入り、武大偉・中国外務次官と会談するもよう(06/07/11)