印刷版   

7月17日、ライス米国務長官(左)が中東を訪問する意向であることが明らかに。14日撮影(2006年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省

 米国務省のマコーマック報道官は17日、ライス国務長官が、中東情勢の事態鎮静化のため中東を訪問する意向であることを明らかにした。

 同報道官は記者団に対し、ライス長官が17日中に訪問先のロシアから帰国し、その後中東に向かう時期を決定すると述べた。

 また、一部の欧州国が国際部隊のレバノン派遣を求めたことを受けて、米国は当面、国連での外交努力に焦点を当てる方針という。

 長官は中東訪問でイスラエルとレバノンの武力衝突の事態沈静化の方策を探るとみられているが、米国は、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによるイスラエル攻撃が武力衝突の原因とみている。

 この日、イスラエルによるレバノン空爆で市民10人を含む41人が死亡した。国連のアナン事務総長は、レバノン南部への国際部隊派遣について国連安保理で討議を開始するとしている。

(ロイター7月17日=ワシントン)

 (06/07/18 09:12)  





■関連文章
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • 米国産牛肉加工品の混入、輸出再開に影響せず=米農務省(06/07/15)
  • 5月米貿易赤字は638.4億ドルに小幅拡大、石油輸入額は過去最高(06/07/13)
  • ロシア、WTO加盟めぐり米通商代表と会合へ(06/07/12)
  • ヒル米国務次官補が北京入り、武大偉・中国外務次官と会談するもよう(06/07/11)
  • ポールソン氏、第74代米財務長官に就任(06/07/11)
  • 北朝鮮制裁決議案、採択に必要な票は確保=米国務次官(06/07/10)
  • ミサイル発射受け国際社会は反北朝鮮で結束=米国務次官補(06/07/06)
  • 6月の米国内自動車販売台数、ビッグスリーが減少しトヨタが急増(06/07/04)
  • 北朝鮮、米国から攻撃されれば核抑止力で「壊滅的攻撃」(06/07/04)
  • 北朝鮮は、米国に対する抑止力を強化する=朝鮮中央通信社(06/07/03)
  • 在留台湾人評論家:「中国経済は、展望がない自転車操業」(06/07/02)
  • 写真報道:米国東北部、豪雨のよる水害が発生(06/07/02)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 米北東部の洪水は峠越す、過去最悪の洪水被害に(06/06/30)