■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d11425.html



マレーシア男性、父親と同じ場所で電車にひかれ死亡

 昨年11月にマレーシア北部のイポーで電車にひかれて死亡した男性(64)の息子(34)が、今月7日に父親と全く同じ場所で電車にひかれ死亡していたことが分かった。8日付のマレーシアの地元紙が報じた。

 遺族によると、父親の方は昨年その場所で、静止しているように見えた電車の下をくぐり抜けようとした際に車両が動きだしたため、ひかれて死亡した。また、父親は事故現場の線路を友人宅への近道として利用していたという。


[ロイター8日=クアラルンプール]