■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d60080.html



6月2日、サッカー、イングランド代表のデビッド・ベッカム、負傷で6週間の欠場へ。写真はW杯ドイツ大会から家族とともにイギリスに帰国したベッカム(2006年 ロイター/Stephen Hird)

サッカー=ベッカム、負傷で6週間の欠場へ

 サッカーのワールドカップ(W杯)ドイツ大会、準々決勝のポルトガル戦で敗れたイングランド代表のMFデビッド・ベッカム(31)が、ひざと足首の負傷のため、6週間欠場するのが分かった。英BBC放送が2日に報じた。

 ベッカムはPK戦で敗れた準々決勝のポルトガル戦の後半に負傷し途中交代。ベンチで悔し泣きする様子が見られた。BBCによれば、精密検査で右足アキレス腱の断裂、左ひざ靭帯の損傷の結果がでたという。

ベッカムはこのほか、スティーブ・マクラーレン新監督の就任に伴い、代表主将を退任すると発表した。


[ロイター2日=ベルリン]