■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d67651.html



NY市場サマリー(20日)

 
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   117.03/06

       始値   116.94/97

   前営業日終値   116.82/87

ユーロ/ドル 終値   1.2627/29

       始値   1.2637/40

   前営業日終値   1.2592/95

30年債(2130GMT)    91*04.00(+0*08.00)=5.083%

前営業日終盤    90*28.00(+0*30.50)=5.101%

10年債(2130GMT)    100*23.50(+0*06.50)=5.028%

 前営業日終盤   100*17.00(+0*20.00)=5.055%

 2年債(2130GMT)    100*03.25(+0*02.50)=5.068%

     前営業日終盤   100*00.75(+0*04.75)=5.110%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値     10928.10(‐ 83.32)

   前営業日終値    11011.42(+212.19)

ナスダック総合

     終値     2039.42(‐41.29)

   前営業日終値    2080.71(+37.49)

S&P総合500種指数

     終値     1249.13(‐10.68)

   前営業日終値    1259.81(+22.95)

COMEX金(8月限)(ドル/オンス) 632.50(‐10.30)

     前営業日終値        642.80(+13.30)

原油先物(8月限)(ドル/バレル)   73.08(+0.42)

     前営業日終値         72.66(‐0.88)

CRB商品指数 (ポイント)   340.52(‐2.39)

     前営業日終値     342.91(+1.06)

------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルがユーロに対して下落。この日公表された6月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、今後の政策についてはかなり不透明であるとの認識が示され、米利上げ打ち止めが近いとの見方が強まった。

------------------------------------------------------------------

 <債券> 上昇。午後発表された6月28─29日の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、将来の金融政策の道筋は「かなり不透明」との認識が示されたことを受け、利上げ停止観測が一段と強まった。

------------------------------------------------------------------

 <株式> 反落。インテルの前日発表した売上予想が失望を誘い、ナスダックは約2%安となった。7月のフィラデルフィア地区連銀業況指数が予想以上に低下したことも、相場全体を押し下げた。

------------------------------------------------------------------

 <金先物> 投機筋の利食い売りに反落し。日中取引レンジは629.60―644.00ドル。銅相場の急落をきっかけに、貴金属相場全般に売りが波及したとみる向きもある。

------------------------------------------------------------------

 <原油先物> ガソリン先物の急伸に支えられ、4営業日ぶりに反発して引けた。8月物はこの日が取引最終日に当たる。


                           
(ロイター7月20日=東京)