■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d70409.html



7月3日、北朝鮮は米国から攻撃されれば核抑止力で「壊滅的攻撃」をすると述べたとKCNAが報じた。写真は5月、北京を訪れた北朝鮮の白南淳外相(中央)(2006年 ロイター/Jason Lee)

北朝鮮、米国から攻撃されれば核抑止力で「壊滅的攻撃」

北朝鮮は、米国から攻撃された場合、核抑止力を使って「壊滅的攻撃」をする、と一段と強い表現で米国に対抗する姿勢を示した。朝鮮中央通信(KCNA)が3日、労働党機関誌「労働新聞」の報道として伝えた。

 北朝鮮は週末にかけて、米国による脅威に対応して抑止力を強化すると表明、長距離ミサイル発射実験を計画しているとの疑惑が浮上して以来初めて抑止力の強化に踏み込んだ言及をしていた。

 3日付の労働新聞は「北朝鮮の軍および国民は現在、先制攻撃に容赦ない壊滅的攻撃をし、強力な核抑止力で核戦争する準備ができている」と表明。

 米国が新型偵察機を朝鮮半島に派遣することで緊張を高めた、と指摘した。(ロイター3日=ソウル)