■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/07/html/d77697.html



7月26日、6月貿易黒字は前年比5.9%減の8079億円。写真は6月、小泉首相(2006年 ロイター/Issei Kato)

6月貿易黒字は8079億円、‐5.9%で予想下回る

 財務省が発表した6月の貿易統計速報によると、貿易黒字は前年比5.9%減の8079億円となり、2カ月ぶりに前年比マイナスとなった。発表の数字は事前予測を下回った。

 ロイターによる民間機関25社の予測では、貿易黒字の予測中央値は8313億円、前年比3.1%程度の減少となっていた。

 6月の貿易統計で輸出は、前年比14.4%増の6兆2696億円だった。自動車、非鉄金属、プラスチックが増加した。輸入は前年比18.2%増の5兆4618億円となった。原粗油、非鉄金属、非鉄金属鉱が増加した。

 対米黒字は17カ月連続で増加し、前年比8.5%増の6912億円だった。対米輸出で増加した品目は、自動車、建設用・鉱山用機械、鉄鋼だった。

 対中国輸出は前年比25.6%増となった。輸出で増加した品目は、金属加工機械、非鉄金属、半導体等電子部品だった。

 外為市場では、この結果を材料視しておらず、ドル/円は反応してない。

(ロイター7月26日=東京)