8月8日、新華社によれば、中国の臥龍パンダ研究センターのジャイアントパンダが7日、飼育パンダとしては最大の赤ちゃんを最長時間かけて出産(2006年 ロイター/China Daily)

中国のジャイアントパンダがジャンボな出産

 中国の臥龍パンダ研究センターで7日、ジャイアントパンダのツァン・カ(6歳)が、飼育されているパンダとしては記録的に大きな子供を、過去最長の34時間かけて出産するという、2つの記録を打ち立てた。新華社が同日遅くに伝えた。

 赤ちゃんは体重が218グラムと記録上の最重量だった。通常は83−190グラムで、200グラムに達するのもかなりまれだという。

 ツァン・カはもともと野生で生まれ、今回が初産。

 同センターの責任者は、新華社に対し「初めから終わりまで約34時間かかりました。パンダの繁殖の歴史上で最長です」と語った。



[ロイター8日北京]