印刷版   

8月7日、外交筋によれば、米仏が提示したレバノン停戦決議案の安保理採択は8日以降に先送り。写真はイスラエル北部国境付近で戦車の上を歩くイスラエル兵(2006年 ロイター/Petr Josek)

レバノン停戦決議案、安保理採択は8日以降に=外交筋

 外交筋によると、米国とフランスが国連安全保障理事会に提示したレバノン停戦に関する決議案は、レバノンが受け入れを拒否する姿勢を示していることを受け、採決が8日以降に先送りされる見通しとなった。

 米国とフランスは7日にも決議案の採択を望んでいたが、採択されるのは早くとも8日になりそうだという。


[ロイター7日=国連]

 (06/08/07 17:00)  





■関連文章
  • スーダン・ダルフールの大量虐殺、中共が助長=NYT紙(06/08/07)
  • 罪ない動物も受難、イスラエルの空爆続くレバノン(06/08/04)
  • ヒズボラが反撃強める、イスラエルで12人が死亡(06/08/04)
  • 国連安保理、レバノン決議で「2段階」案を協議(06/08/03)
  • イスラエル軍がレバノン侵攻を拡大、ヒズボラも反撃強める(06/08/03)
  • イスラエル軍が戦闘拡大、オルメルト首相は停戦可能性に言及(06/08/02)
  • イスラエル、ヒズボラとの戦闘終結を求める国際社会の圧力を無視(06/08/01)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 国連安保理、レバノン空爆を遺憾とする声明を採択(06/07/31)
  • イスラエル、南レバノン空爆を48時間停止することに合意=米国務省(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡(06/07/30)
  • 米英首脳、レバノン情勢解決目指し外交努力の迅速化を確認(06/07/29)
  • イスラエルは作戦続行、レバノンは死者最大600人か(06/07/28)
  • レバノン情勢めぐる外相会議、即時停戦で合意できず(06/07/27)