印刷版   

8月14日、イスラエルとレバノンが合意した停戦発効が迫るなかイスラエルの空爆が続いている。写真は13日、空爆を受けるレバノン南部(2006年 ロイター/Haidar Hawila)

停戦発効迫るなかイスラエルの空爆続く、ヒズボラもロケット弾発射

 イスラエルとレバノンのイスラム系シーア派民兵組織ヒズボラとの戦闘は、イスラエルとレバノンとで合意した14日0500GMT(日本時間午後2時)の停戦発効が迫る中、イスラエルの空爆が続いた。

 イスラエル軍は、13日深夜、シリアとの国境に近いレバノン東部の村を空爆。医療関係者によると、少なくとも民間人9人が死亡、33人が負傷した。まだ、がれきの中に埋まっている人々がいるもよう。

 イスラエル軍が南部の港湾都市タイヤも空爆した、との情報もある。

 イスラエル内閣は13日、国連安全保障理事会で採択されたレバノン停戦決議を承認した。

 ヒズボラは13日、戦闘開始以来、最大級のロケット弾攻撃を展開。治安筋によると、250発以上のロケット弾が発射された。これにより、70歳の男性が死亡したほか、少なくとも91人が負傷した。一部はイスラエル中部の港湾都市ハイファの中心部に着弾したが、いまのところ死傷者がでたとの報告はない。

 イスラエル軍によると、13日の戦闘で、兵士5人が死亡、25人が負傷した。

 一方、レバノン治安当局筋によると、イスラエルの空爆で13日、少なくとも22人が負傷した。

(ロイター8月14日=ベイルート)

 (06/08/14 09:50)  





■関連文章
  • イスラエルとレバノン、14日停戦で合意(06/08/13)
  • 中国官製メディアの中東戦争報道から見る「中共のテロ支援」(06/08/12)
  • イスラエルがレバノン地上戦拡大を決定、ヒズボラは反撃強化へ(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=9日現在(06/08/10)
  • イスラエル・レバノン最新情勢=8日現在(06/08/08)
  • レバノン停戦決議案、安保理による早期採択を望む=ブッシュ米大統領(06/08/08)
  • 罪ない動物も受難、イスラエルの空爆続くレバノン(06/08/04)
  • ヒズボラが反撃強める、イスラエルで12人が死亡(06/08/04)
  • 国連安保理、レバノン決議で「2段階」案を協議(06/08/03)
  • イスラエル軍がレバノン侵攻を拡大、ヒズボラも反撃強める(06/08/03)
  • イスラエル軍が戦闘拡大、オルメルト首相は停戦可能性に言及(06/08/02)
  • イスラエル軍、過去48時間でヒズボラ兵士20人殺害(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラと捕虜交換の用意=イスラエル紙(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラとの戦闘終結を求める国際社会の圧力を無視(06/08/01)
  • ヒズボラとの停戦は、国際部隊が配備された後になる=イスラエル(06/07/31)