印刷版   

8月25日、ドストブラジ仏外相(写真)は「包括見返り案」に対するイランの回答について、不満足な内容との立場を示した。11日撮影(2006年 ロイター/Keith Bedford)

イランの包括見返り案への回答、不満足な内容=仏外相

 ドストブラジ仏外相は25日、支援と引き換えにウラン濃縮停止を迫る「包括見返り案」に対するイランの回答について、不満足な内容との立場を示した。一方、イランやイスラム社会との対立がエスカレートする事態を避けることが重要、と述べた。

 イラン政府は22日、同国の核プログラムをめぐって真剣な協議を開始する用意がある、と表明した。ただし、国連安全保障理事会が要求する8月31日までのウラン濃縮停止を受け入れる兆候は、みられない。

 ドストブラジ外相は、RTLラジオで「現段階では満足のいく内容ではない」としつつも「最悪の事態は、イランとの対決にエスカレートすることだ。文明の衝突ということになり、これは避けたい」と述べた。

 「包括見返り案」は、国連安保理の常任理事国(米英仏中ロ)にドイツを加えた6カ国が作成したもので、イランがウラン濃縮活動を停止すれば見返りを与えるとする内容。イランは、同国の核計画は発電目的とし、核爆弾製造を目指しているとみる国際社会の疑念を否定している。

 [ロイター25日=パリ]

 (06/08/25 17:10)  





■関連文章
  • イラン、包括案への回答は「前向き」=ラリジャニ氏(06/08/25)
  • イランの回答、安保理の要求満たさぬ不十分な内容=米報道官(06/08/24)
  • 米国の制裁で中国「長城航空」が運休(06/08/22)
  • ウラン濃縮は停止せず、22日までに包括案に正式回答=イラン(06/08/21)
  • 米原油先物が反発、イランの核問題めぐる懸念再浮上で(06/08/18)
  • イランが核活動停止しない場合、国連の迅速な対応を期待=米国務次官(06/08/18)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • イラン、国連決議に反発し核開発の拡大を宣言(06/08/07)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 北朝鮮、イランとミサイル開発で協力=韓国(06/08/03)
  • 国連安保理がイラン制裁警告決議を採択、8月末までの核開発停止求める(06/08/01)
  • イスラム過激派と結託する中共外交(06/07/24)
  • イラン、核問題でスイスに国際会議主催要請=スイス紙(06/07/24)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)