印刷版   

8月2日、米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる。写真はビル・フォードCEO。5月撮影(2006年 ロイター/Tim Shaffer)

米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる

 米自動車大手フォード・モーターは2日、ビル・フォード会長兼最高経営責任者(CEO)の戦略アドバイザーとしてケネス・リート氏を採用したと発表した。

 ゴールドマン・サックスやバンク・オブ・アメリカで合併・買収(M&A)部門の責任者を務めた経験を持つリート氏は、経営幹部らと協力し、フォードの事業戦略について検討するという。 

 この発表を受け、フォードが金融子会社フォード・モーター・クレジットの過半数株式を売却するとの観測が広がっている。

 フォードはそうした計画はないと否定しているが、一部アナリストは、フォード・モーター・クレジットの格付け改善と借り入れコストの低下を狙い、フォードが金融子会社の株式売却に動くとの見方を示している。

 BNPパリバの上級クレジットアナリスト、ブラッド・ルービン氏は「ここ数カ月間、フォード・モーター・クレジットの過半数株式売却があると予想していた。きょう、その可能性はきのうよりも高まった」と語った。

 一方、フォードの広報担当者は「フォード・モーター・クレジットは当社にとって、確実に利益を生む戦略上必要な資産であり、売却する計画はない」と述べた。

(ロイター8月2日=デトロイト/ニューヨーク)

 (06/08/03 10:31)  





■関連文章
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)
  • 強いドルは米国の利益、中国は一段の為替柔軟性必要=ポールソン財務長官(06/08/02)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)
  • 米株式市場、大型株を中心に買い場が到来=バロンズ紙(06/07/24)
  • 王子製紙が北越製紙に経営統合提案、TOB実施へ(06/07/24)
  • 米農務省、BSE監視プログラムの縮小を発表へ=関係筋(06/07/20)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 元北朝鮮人民会議議長・黄長華氏「中朝関係は、根本的に変わらないし、安保理決議案で、北(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • 北朝鮮で集中暴雨、90年以降最大(06/07/19)