印刷版   

8月16日、米労働省が発表した7月米CPIはコア指数が前月比0.2%上昇と予想を下回った。写真は5月、NYのパソコンショップ(2006年 ロイター/Seth Wenig)

7月米コアCPIは前月比+0.2%と予想下回る

 米労働省が発表した7月の米消費者物価指数(CPI─U、季節調整済)は、前月比0.4%上昇、前年比は4.1%上昇した。振れの大きい食品とエネルギーを除くコア指数は前月比0.2%上昇、前年比2.7%上昇した。

 コア指数の上昇がやや減速したことに加え、商務省が発表した7月の住宅着工件数も過去3年余りで最低水準となったことから、経済が減速していることが示された。経済減速はインフレ抑制に寄与するとみられ、米連邦準備理事会(FRB)が金利を据え置く可能性がある。

 コア指数が前月比0.2%上昇したことで、4カ月連続の0.3%上昇に歯止めがかかった。予想は、前月比0.3%上昇、前年比2.8%上昇だった。

 全品目は、前月比0.4%上昇で予想と一致した。6月は0.2%上昇した。全品目の前年比予想は4.2%上昇だった。

 アナリストは、コア指数の上昇が穏やかだったものの、今後、住宅建設の減速で賃貸需要が増加し、家賃が上昇する可能性があると指摘した。

 ドイツ銀行証券のシニア・エコノミスト、ジョセフ・ラボルニャ氏は「全品目は予想と一致した。家賃が大幅に上昇したが、住宅市場の低迷が続くかぎり今後も上昇し、概ねインフレ率を押し上げる傾向になろう。ただ、7月はいい意味で意外な結果だった」と話した。

 季節調整済みエネルギー価格は2.9%上昇した。6月は0.9%下落だった。

 一方、被服は1.2%下落。6月は横ばいだった。

 財・サービスは、6月の0.6%上昇に対し、7月は0.2%下落した。

 ナショナル・シティ・コープのエコノミスト、リチャード・ディケイザー氏は「ある程度安心感がもてる内容だったが、インフレ抑制を達成したと言い切るのは時期尚早。コア指数は数カ月間0.3%の伸びが続いていた。今回の動向を見守る必要がある」と述べた。

 年初からの7カ月間で、コア指数は年率3.1%上昇した。前年同期は2.2%上昇だった。

 労働省によると、今年のコア指数上昇の80%は、家賃など宿泊費の上昇によるものと説明している。


(ロイター8月16=ワシントン)

 (06/08/17 07:39)  





■関連文章
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • 米ベビーブーマー世代の親、赤ちゃんにカシミヤ(06/08/14)
  • 中共の対日戦略、自国民を欺く「靖国問題」(06/08/14)
  • 元内閣官房参与・中山恭子氏「国際テロに遭った日本人被害者を救出するのは、日本政府の使(06/08/12)
  • 米国はイスラムのファシストと戦争状態=ブッシュ大統領(06/08/11)
  • 米政府が警戒水準引き上げ、航空機爆破計画は直接的な脅威(06/08/11)
  • 米国土安全保障省、民間航空機の警戒水準を「オレンジ」に引き上げ(06/08/10)
  • トヨタ「レクサス」、米品質ランキングで12年連続首位(06/08/10)
  • レバノン停戦決議案、安保理による早期採択を望む=ブッシュ米大統領(06/08/08)
  • ポールソン米財務長官、中国経済当局者と今秋に会談予定=報道官(06/08/08)
  • 米アラスカ州油田の操業再開、数カ月要する可能性も=BP幹部(06/08/08)
  • 北朝鮮やロシアなど4カ国の企業7社に制裁措置=米国務省当局者(06/08/06)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる(06/08/03)
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)