印刷版   

8月4日、イスラエルによる空爆が続くレバノン南部では動物も受難。写真はけがを負ったままがれきの中を歩く猫(2006年 ロイター/Mohamed Azakir)

罪ない動物も受難、イスラエルの空爆続くレバノン

  イスラエルによる空爆が続くレバノン南部では、動物も受難している。

 ベイルートでは4日、ひどいけがを負ったままがれきの中を歩き去る猫の姿が見られた。

 治安筋や目撃者によれば、イスラエル軍機はこの日、ベイルートとレバノン北部を結ぶ3つの橋を爆撃した。


[ロイター4日=ベイルート]

 (06/08/04 21:52)  





■関連文章
  • ヒズボラが反撃強める、イスラエルで12人が死亡(06/08/04)
  • 国連安保理、レバノン決議で「2段階」案を協議(06/08/03)
  • イスラエル軍がレバノン侵攻を拡大、ヒズボラも反撃強める(06/08/03)
  • イスラエル軍が戦闘拡大、オルメルト首相は停戦可能性に言及(06/08/02)
  • イスラエル軍、過去48時間でヒズボラ兵士20人殺害(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラと捕虜交換の用意=イスラエル紙(06/08/01)
  • イスラエル、ヒズボラとの戦闘終結を求める国際社会の圧力を無視(06/08/01)
  • ヒズボラとの停戦は、国際部隊が配備された後になる=イスラエル(06/07/31)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 国連安保理、レバノン空爆を遺憾とする声明を採択(06/07/31)
  • イスラエル、南レバノン空爆を48時間停止することに合意=米国務省(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • イスラエル軍がレバノン南部を空爆、子供21人を含む40人死亡(06/07/30)
  • 米英首脳、レバノン情勢解決目指し外交努力の迅速化を確認(06/07/29)
  • スイスの動物園、猛暑で「肉のアイスクリーム」(06/07/28)