■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/html/d36706.html



8月15日、民主党の鳩山幹事長は、小泉首相(写真)の靖国神社参拝について「無責任極まりなく、遺憾の一言に尽きる」との談話を発表。写真は、靖国神社を参拝する首相(2006年 ロイター/Issei Kato)

首相の靖国参拝、遺憾の一言に尽きる=民主党幹事長

 民主党の鳩山幹事長は15日、小泉首相の靖国神社参拝について「無責任極まりなく、遺憾の一言に尽きる」との談話を発表した。鳩山幹事長は談話で「来月退陣するにもかかわらず、首相として再び参拝し、後始末をあとに任せるのは立つ鳥、跡を濁す行為」と指摘した。

 談話では「首相の行動は、戦争被害を受けた人々の心を踏みにじり、国益を大きく損ねている」とも強調。「民主党は党利党略を離れ、歴史を直視し、国益の観点から首相の靖国参拝に反対してきた。首相の靖国参拝は大変残念」としている。

 [ロイター8月15日=東京]