■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/html/d39938.html



8月13日、国連のアナン事務総長、イスラエルとレバノンが14日停戦で合意したと発表。写真はレバノン南部で12日、イスラエル軍の空爆により破壊された橋を母親の手を引いて渡るレバノン人男性(2006年 ロイター/Ali Hashisho)

イスラエルとレバノン、14日停戦で合意

  国連のアナン事務総長は、イスラエルとレバノンが、14日0500GMT(日本時間午後2時)に停戦することで合意したと発表した。

 停戦を前にレバノン南部での攻撃を強めているイスラエル軍は、12日の戦闘で19人のイスラエル兵が死亡したほか、レバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによりイスラエル軍のヘリコプター1機が撃墜された事件で行方不明となっていたイスラエル兵5人について、死亡した可能性が高いと述べた。

 イスラエル政府高官が同国のYNETニュースに明らかにしたところによると、イスラエル軍はレバノン南部からの撤退を今後1─2週間以内に開始する予定だという。


[ロイター13日=ベイルート]