■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/html/d41845.html



8月29日、中国を訪問中のシュワブ米通商代表部(USTR)代表、中国に改革継続を要請。25日撮影(2006年 ロイター/Zainal Abd Halim)

米USTR代表、中国に改革継続を要請

 中国を訪問中のシュワブ米通商代表部(USTR)代表は29日北京で会見し、中国で経済ナショナリズムが高まり、世界貿易機関(WTO)の公約履行が遅れるのではないかと懸念している、と述べた。

 中国政府の内部では、特に重要産業への外資導入に対し審査の厳格化を求める声があがっており、海外政府・企業の間では改革の逆行につながりかねない、との懸念が浮上している。

 会見したシュワブ代表は「経済ナショナリズムの再燃を示す大きな動きがあれば注視していく」と発言。

 米企業連合が進めている広東発展銀行への出資交渉が長引いていることに触れ、「改善が期待されている分野で必ずしも改善が進んでいないという事例がみられる」と指摘。中国に対し金融セクターの対外開放を特に強く求めていく考えを示した。

 広東発展銀行をめぐっては、米シティグループ を中心とする企業連合と仏ソシエテ・ジェネラルの企業連合が経営権取得を目指して争っている。

 シュワブ代表は2日間の日程で北京を訪れている。


[ロイター29日=北京]