■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/html/d66854.html



8月17日、バーンズ米国務次官(写真)はイランが核活動停止しない場合、国連の迅速な対応を期待すると述べた。2月撮影(2006年 ロイター/B Mathur)

イランが核活動停止しない場合、国連の迅速な対応を期待=米国務次官

 バーンズ米国務次官(政治担当)は17日、イランが核開発活動を停止しない場合、国連安全保障理事会が「責務を果たし」、制裁発動を検討することを期待しているとの見方を示した。

 バーンズ次官は記者団に対し「(イランが応じないのであれば)、国連憲章7条に基づく制裁を発動することで、ロシア・中国をはじめ、他の(安保理)加盟国と合意している」と述べた。

 同次官のコメントは、アハマディネジャド・イラン大統領がこの日、米国が毎年新型の原子爆弾を開発している一方で、イランが核開発計画を停止することはできないと発言したことを受けた。

(ロイター8月17日=ワシントン)