■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/08/html/d83678.html



NY市場サマリー(15日)

 
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   116.07/11

       始値   116.62/68

   前営業日終値   116.63/66

ユーロ/ドル 終値   1.2783/85

       始値   1.2720/22

   前営業日終値   1.2720/24

30年債(2130GMT)    91*19.00(+0*30.50)=5.051%

前営業日終盤    90*20.50(‐0*09.00)=5.118%

10年債(2130GMT)    99*17.00(+0*16.50)=4.935% 

 前営業日終盤    99*00.50(‐0*06.50)=5.001%

 2年債(2130GMT)    100*02.75(+0*03.75)=4.952%

     前営業日終盤    99*31.00(‐0*02.25)=5.016%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11230.26(+132.39)

   前営業日終値    11097.87(+ 9.84)

ナスダック総合

     終値         2115.01(+45.97)

   前営業日終値    2069.04(+11.33)

S&P総合500種指数

     終値(非公式)    1285.58(+17.37)

   前営業日終値    1268.21(+ 1.47)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 632.90(‐6.40)

     前営業日終値        639.30(‐5.10)

原油先物(9月限)(ドル/バレル)   73.05(‐0.48)

     前営業日終値         73.53(‐0.82)

CRB商品指数 (ポイント)   338.76(‐0.06)

     前営業日終値     338.82(‐5.71)

-------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルが下落。7月の米卸売物価指数(PPI)が予想を下回り、連邦準備理事会(FRB)が今後利上げを実施する必要がなくなる可能性もあるという見方が強まった。

-------------------------------------------------------------------

 <債券> 上昇。朝方発表された7月の米卸売物価指数(PPI)がコアベースで予想外のマイナスとなったことからインフレ懸念が後退、米連邦準備理事会(FRB)が9月に利上げを行うとの見方も弱まった。さらに8月の米住宅建設業者指数が15年ぶりの低水準を記録したことなども買い材料となった。

-------------------------------------------------------------------

 <株式> 続伸。ナスダックは2%強上昇した。7月の米卸売物価指数(PPI)が予想よりも弱い結果となり、投資家の間で米連邦準備理事会(FRB)が短期的には利上げしない可能性があるとの見方が強まった。

-------------------------------------------------------------------

 <金先物> 4営業日続落、中心限月12月物は終値ベースで7月27日(632.50ドル)以来、約3週間ぶりの安値。7月の卸売物価指数(PPI)の軟調を受けたドル安を材料に買いも入ったが、海外市場の低調や原油安などを背景に売りが膨らんだ。

-------------------------------------------------------------------

 <原油先物> レバノン停戦で中東での原油供給懸念が後退する一方、米国内で石油製品に対する需給逼迫(ひっぱく)感が根強く、小幅なレンジでもみ合い、結局小幅続落で終わった。

(ロイター8月16日=東京)