印刷版   

イラクが内戦状態に陥る「重大な危険」ある=国連事務総長

 アナン国連事務総長は18日、現在の傾向が続けばイラクは内戦に陥る重大な危険に直面しているとの見解を改めて示した。

 事務総長は、イラク支援国会議の冒頭で「疎外と暴力という現状の傾向が長期間続けば、イラク国家が分裂し、全面的な内戦状態に陥る重大な危険がある」と述べた。

 そのうえで、イラクの指導者らに対し、連邦制や収入の分配など未解決の憲法問題に関する見解の一致を模索することにより、宗派間および地域間の対立を克服するよう求めた。

 [ロイター18日=国連]

 (06/09/19 17:25)  





■関連文章
  • イラン、ウラン濃縮活動停止を受け入れたとする見解は西側諸国の誤解(06/09/19)
  • 台湾:国連への加盟、14度目の失敗(06/09/15)
  • バグダッドの宗派間抗争収まらず、1日で60遺体収容(06/09/14)
  • イラン、イラク治安回復に全面支援を表明(06/09/13)
  • 東京:台湾研究フォーラム、「日台関係セミナー」開催(06/09/11)
  • イランが国連安保理決議に違反したと結論=6カ国高官協議(06/09/08)
  • 次期国連事務総長にヨルダン国連大使が立候補、5人目の候補に(06/09/06)
  • 国連事務総長、イスラエル兵解放交渉で仲介者指名へ(06/09/05)
  • イランは核問題での交渉を希望、ウラン濃縮停止は拒否=国連事務総長(06/09/04)
  • 駐日台北経済文化処:台湾海峡問題へ強い関心を=日本と国連に呼びかけ(06/09/02)
  • イラク、自動車爆弾などで約60人死亡(06/08/28)
  • 中国の「対北シナリオ」 5態(06/08/27)
  • イスラエル首相、イタリアにレバノン国連暫定軍の主導を要請(06/08/21)
  • ウラン濃縮は停止せず、22日までに包括案に正式回答=イラン(06/08/21)
  • 台湾:「台湾海峡の平和問題」をも併せ国連加盟申請(06/08/20)