印刷版   

 9月19日、ブッシュ米大統領、イランが核問題引き延ばすなら安保理制裁を検討する意向示す(2006年 ロイター/Ray Stubblebine)

イランが核問題引き延ばすなら安保理制裁を検討=ブッシュ米大統領

 ブッシュ米大統領は19日、イランが今後も核問題の解決を引き延ばすようであれば、国連安全保障理事会による制裁を求めていく、との考えを示した。

 ブッシュ大統領はシラク仏大統領との会談後、記者団に対し「イランは今こそ交渉の場ににつくべき。時間が重要だ」と語った。

[国連 19日 ロイター]

 (06/09/20 09:33)  





■関連文章
  • イラン、ウラン濃縮活動停止を受け入れたとする見解は西側諸国の誤解(06/09/19)
  • 米議員ら、胡錦涛総書記に連名書簡、中国の人権擁護活動家への迫害中止を要求(06/09/18)
  • EUとイラン、核問題で14日に協議(06/09/14)
  • 米国、EU:中国の報道規制新法令の発動に異議(06/09/13)
  • 7月の米貿易赤字、過去最高の約680億ドルに拡大(06/09/13)
  • 米国、北朝鮮抜きの多国間協議を検討(06/09/12)
  • 米国務長官、イラン核活動の一時停止中に協議に応じる可能性残す(06/09/12)
  • 米財務省、イラン国営サデラト銀行に金融制裁(06/09/09)
  • 強いドルは非常に好ましい、ドルの価値は市場で決められるべき=米財務長官(06/09/09)
  • イランが国連安保理決議に違反したと結論=6カ国高官協議(06/09/08)
  • 米スペースシャトル、打ち上げ再延期(06/09/07)
  • 米高級住宅建設大手、住宅市場減速が長期化する可能性を指摘(06/09/07)
  • 国際社会はイランが国連の要求を拒絶するのを静観できない=独首相(06/09/07)
  • 米中、北朝鮮の核実験への警告について協議=ヒル国務次官補(06/09/06)
  • ブッシュ米大統領、運輸長官にピータース氏を指名(06/09/06)