印刷版   

欧州委員会、東芝のWH買収を条件付で承認

 欧州委員会は、東芝(6502.T: 株価, ニュース, レポート)が英原子燃料会社(BNFL)傘下の米原子力大手ウェスチングハウス(WH)とウェスチングハウス・エレクトリックUKを買収する計画を条件付きで承認した。

 東芝は2月に54億ドルでのWH買収で合意。原子力発電業界での東芝の地位を高めるためとしていた。

 欧州委員会の19日付声明によると、東芝は競争を妨げる事態を回避するため、核燃料合弁会社グローバル・ニュークリア・フュエル(GNF)での提携先である米ゼネラル・エレクトリック(GE)(GE.N: 株価, 企業情報, レポート)と日立製作所(6501.T: 株価, ニュース, レポート)の2社との契約内容を変更することで合意した。

[ブリュッセル 19日 ロイター]

 (06/09/20 08:03)  





■関連文章
  • 米国、EU:中国の報道規制新法令の発動に異議(06/09/13)
  • 2月19日=ハンストにて中共の迫害に抗議、中国大陸人権活動家たちを応援  中共脱党者800万(06/02/11)
  • イラク:鳥インフルエンザ感染、初の死者を確認(06/02/02)
  • 欧州委員会デンマーク議員団代表、「共産専制譴責決議案」を提出(06/02/01)
  • 欧州委員会、共産独裁体制譴責の決議案を可決(06/01/31)
  • 東芝、『ウェスティング・ハウス』を買収(06/01/26)
  • 中国、鳥インフルエンザ感染例32件(昨年)、当局発表(06/01/19)