印刷版   

9月19日、新興国市場、タイ政変とハンガリーの暴動でトリプル安。写真は首相府の周辺を包囲するタイ軍の戦車部隊(2006年 ロイター/Sukree Sukplang)

新興国市場がトリプル安、タイ政変とハンガリーの暴動で

 19日の新興国金融市場は、タイで起きたクーデターとハンガリーでの暴動を受け、株式、債券、通貨がトリプル安となった。ただ、欧州と米国の投資家は、アジア市場の反応を注意深く見守っている。

 タイでは19日、クーデターを起こした軍部が首都バンコクを掌握し、憲法改革への委員会設置を発表。タクシン首相は国連総会出席のためニューヨークに滞在中だった。

 タクシン首相がバンコクに非常事態を宣言したとのニュースなどを受け、新興国株式市場の指標指数であるISHR・MSCIエマージング・マーケッツ(EEM.A: 株価, 企業情報, レポート)は2%強下落した。

 タイ軍は、20日は政府官公庁は閉庁、銀行と市場も休みにすると発表している。

 19日のニューヨーク外為市場では、バーツが1日の下落率としては過去3年で最大となる1.3%以上の急落。これを受け、その他のアジア通貨も幅広く売られた。

 債券市場では、新興国債券市場の指標とされるブラジルのグローバル債(償還2040年)が下落、130.125(ビッド)、利回り6.490%となった。

 また、ハンガリーで19日に暴動が発生したのを受け、東欧株式市場も下落。ブダペスト株式市場で主要指数が1.21%下げたほか、ポーランド株式市場が0.87%安、チェコ株式市場が1.03%安となった。

[ニューヨーク 19日 ロイター]

 (06/09/20 08:20)  





■関連文章
  • ハンガリー首相、反政府デモでも辞任の意向ないと表明(06/09/20)
  • タイでクーデター、軍部が首都掌握を発表し政治改革委を設置(06/09/20)
  • ハンガリーで首相辞任求める集団が暴徒化、国営テレビに突入(06/09/19)
  • タイのやり直し総選挙、延期の公算大=タクシン首相(06/09/11)
  • タイ総選挙やり直し、10月15日から延期される可能性(06/09/05)
  • 英フィナンシャル・タイムズ紙ヘッドライン(4日付)(06/09/04)
  • タイ警察、169人の北朝鮮不法入国者を拘束(06/08/23)
  • ニューヨーク・タイムズ紙:歴史の重要性、『中国の教訓』一書を推薦(06/08/16)
  • 中国、ゴールデンタイムでの外国アニメ放送禁止へ(06/08/14)
  • 左利きの著名人たち(06/08/13)
  • 中国で続発する暴動の原因=香港「動向」総編集長(06/08/10)
  • スーダン・ダルフールの大量虐殺、中共が助長=NYT紙(06/08/07)
  • 中国湖南省:武装警察、直訴する住民を銃殺(06/08/06)
  • 結婚相手を選ぶ条件:男性は外見、女性は社会的地位を重視=中国(06/07/26)
  • タイ国王、10月15日のやり直し総選挙実施を承認(06/07/21)