印刷版   

9月20日、ポールソン米財務長官、中国に対し経済改革の加速化を要請。19日撮影(2006年 ロイター/Nir Elias)

米財務長官、中国に対し経済改革の加速化を要請

 中国を訪問しているポールソン米財務長官は20日、中国に対して経済改革を速めるよう要請するとともに、資本市場を海外投資家に開放することで一番恩恵を受けるのは中国自身だ、との考えを示した。

 米中両国は20日、米中間の長期的な課題に取り組み、二国間の関係を拡大するため、経済について協議する新たな枠組みを創設すると発表した。米政府高官は、今回の合意が人民元の問題など、目先の懸案事項に対する姿勢が弱まることを意味するものではないと強調した。

 ポールソン長官は会見で、中国の金融セクター改革は海外投資家の協力により一段と速まり、中国経済は商品の付加価値を一段と高められると確信していると語った。さらに中国政府は景気を引き締める上で行政的ではなく市場ベースの手法で行う必要があると述べた。

 中国の人民元柔軟性拡大については、どのような方法を用いるかは懸案事項でないとの見解を示すととともに、柔軟性拡大に到達したかどうかを見極めるのは容易であると指摘。「(人民元相場の柔軟性拡大を)達成した時は自ずと分かるだろう」と語った。

 また、シューマー・グラム両上院議員が、中国が人民元の一段の切り上げに応じない時は米国に輸入される中国製品に一律27.5%の報復関税を課す法案を提出しようとしていることについて、ポールソン長官は賛成しないと述べた。

 タイの軍事クーデターについては、影響が世界市場に波及している兆候はみられないとの見方を示した。

[北京 20日 ロイター]

 (06/09/21 08:04)  





■関連文章
  • 米FOMCがFF金利を予想通り据え置き、インフレ懸念は示す(06/09/21)
  • 東京基督教大学教授・西岡力氏講演、「激動する朝鮮半島」(06/09/20)
  • イランが核問題引き延ばすなら安保理制裁を検討=ブッシュ米大統領(06/09/20)
  • 米議員ら、胡錦涛総書記に連名書簡、中国の人権擁護活動家への迫害中止を要求(06/09/18)
  • ポールソン長官の訪中、人民元の柔軟性拡大は優先課題=米財務省高官(06/09/14)
  • 米財務長官、人民元めぐる中国へのアプローチを修正も(06/09/13)
  • 米国、EU:中国の報道規制新法令の発動に異議(06/09/13)
  • 7月の米貿易赤字、過去最高の約680億ドルに拡大(06/09/13)
  • 米国、北朝鮮抜きの多国間協議を検討(06/09/12)
  • 米国務長官、イラン核活動の一時停止中に協議に応じる可能性残す(06/09/12)
  • 人民元の急速な上昇、経済の混乱招く可能性=中国社会科学院エコノミスト(06/09/11)
  • 米財務省、イラン国営サデラト銀行に金融制裁(06/09/09)
  • 強いドルは非常に好ましい、ドルの価値は市場で決められるべき=米財務長官(06/09/09)
  • 米スペースシャトル、打ち上げ再延期(06/09/07)
  • 米高級住宅建設大手、住宅市場減速が長期化する可能性を指摘(06/09/07)