印刷版   

G7では円の弱さや、人民元および中東問題など協議へ=独財務次官

 ドイツのミロー財務次官は7日、今月シンガポールで開催される7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、円の弱さについて協議されるとの見通しを示した。

 同次官はG7に関する記者へのブリーフィングで、中国の人民元と世界の不均衡が引き続きテーマになるほか、中東紛争やイラン問題が世界の経済成長に及ぼす影響についても話し合われると述べた。

 同次官は、「円は明らかにユーロとドルに対して弱含んだ」と指摘した。

 この発言を受け、円は対ドルで50ティック以上上昇したほか、対ユーロでも値を上げた。

 [ロイター7日=ベルリン]

 (06/09/07 21:07)  





■関連文章
  • ポールソン米財務長官がアジアで国際デビュー、米中関係活性化めざす(06/09/06)
  • IMM通貨先物、円のネットショートが最大に=CFTC(06/09/04)
  • シンガポール政府、法輪功の人権を無視=各国法曹界が連名抗議(06/08/25)
  • ユーロ/円、ユーロ導入以来の最高値を更新=東京外為市場(06/08/10)
  • シンガポール、外国出版物の規制を強化(06/08/06)
  • 中共に追従か、台湾・香港議員ら、シンガポールの「似非民主」を批判=法輪功訴訟で(06/07/24)
  • 北朝鮮のミサイル発射で円売り、リスク資産回避の動きも(06/07/05)
  • 三菱重工、シンガポールに原動機事業の拠点設立へ(06/06/19)
  • 中国、ミャンマーに2億米ドル低利息借款(06/06/12)
  • 天皇・皇后両陛下、シンガポールを御訪問(06/06/10)
  • ロイター調査:ゼロ金利解除近づき、円が反転上昇観測(06/06/08)
  • NY市場サマリー(6日)=NY株続落、ドル上昇(06/06/07)
  • 対中円借款の凍結解除は総合的に判断した=首相(06/06/06)
  • 外為柔軟性向上、アジア諸国の一部でなお必要=IMF専務理事(06/05/25)
  • 日本の対中円借款、2005年度は前年比100億円減(06/04/07)