印刷版   

中国、人民元の対ドル変動幅を拡大する可能性=金融時報

8日付の金融時報は、中国当局が人民元の対ドルでの変動幅を拡大する可能性がある、と伝えた。

 金融時報は、実施時期などには触れていないが、最近の元相場の変動が、その可能性を示しているとしている。

 また、投資過熱と並んで問題になっている過剰流動性を抑制する策として、通貨改革を推し進める必要がある、と指摘した。

 7日の上海外為市場で、元の対ドル相場は1ドル=7.9410元で終了。2005年7月の切り上げ以降の上昇率は2%となった。

 温家宝・首相は5日、ロイターなどの一部外国メディアの取材に応じた際、人民元をより自由に変動させるため、市場に委ねる形の通貨改革を推し進める方針で、人民元の変動幅は徐々に拡大していくとの見通しを示している。

[北京 8日 ロイター] 

 (06/09/08 10:48)  





■関連文章
  • 中国は人民元改革を推進、切り上げ可能性は排除=首相(06/09/06)
  • 北京市民の平均月収1,822人民元、中国トップ(06/09/02)
  • 人民元が対ドルで前週終値から上昇=上海外為市場(06/08/21)
  • 中国は貿易黒字縮小のため人民元変動幅拡大を=中国証券報(06/08/18)
  • 人民元が大幅下落、元安水準の基準値設定で=上海市場(06/08/14)
  • 中国経済は先行き不透明、人民元は上昇するとは限らない=人民銀副総裁(06/08/07)
  • 強いドルは米国の利益、中国は一段の為替柔軟性必要=ポールソン財務長官(06/08/02)
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)
  • 中国政府、人民元相場めぐる漸進主義を見直すべき=社会科学院エコノミスト(06/07/28)
  • 9月中に人民元の大幅上昇なければ対中関税法案採決=米議員(06/07/27)
  • 人民元の上昇、雇用に及ぼす影響が最大の懸念要因=著名エコノミスト(06/07/13)
  • 中国人民銀行、緊急会議を予定とのうわさにコメント控える(06/07/07)
  • 人民元の対ドルでの許容変動幅を拡大することが急務=中国政府系紙(06/07/04)
  • 中国はさらなる利上げが必要=社会科学院エコノミスト(06/07/03)