印刷版   

「サハリン2」の環境に関する承認を取り消し=ロシア天然資源省

 ロシア天然資源省は18日、ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L: 株価, 企業情報, レポート)などが推進する極東サハリン州沖の石油・天然ガス開発計画「サハリン2」の環境に関する承認を取り消すと発表した。ただし計画自体がなくなるわけではないとしている。

 天然資源省とシェルはこれまで環境問題をめぐり対立。「サハリン2」については、天然資源監督局が5日、同国の環境規制を順守していないとしてモスクワの裁判所に提訴したと発表。21日には最初の審理が予定されていた。裁判が予定通り開かれるかどうかは不透明で、天然資源省の今回の決定に裁判所の承認が必要かどうかも不明。天然資源省では21日の審理は取り止めとしているが、シェルなどはコメントを控えている。

 天然資源省の報道官は「計画が取り止めになるわけではない。計画の進行や環境に関する新たな承認について再考する必要があるだけだ」と語った。

 アナリストの間ではロシアの最終的な狙いについて、生産認可の取り消しなどではなく、同国のガス独占企業、ガスプロム(GAZP.MM: 株価, 企業情報, レポート)の本格的参加などより良い条件を引き出すことにあるとの見方が有力。ガスプロムは25%の出資を目指している。



 「サハリン2」にはシェルが55%出資しているほか、三井物産(8031.T: 株価, ニュース, レポート)が25%、三菱商事(8058.T: 株価, ニュース, レポート)が20%、それぞれ出資している。

[モスクワ 18日 ロイター]

 (06/09/19 07:56)  





■関連文章
  • 銃撃されたロシア中銀のコズロフ第1副総裁が死亡(06/09/15)
  • ロシア中銀第1副総裁が銃撃され重傷=インタファクス(06/09/14)
  • ロシア外相、中東和平国際会議の開催を呼び掛け(06/09/08)
  • ロシア環境監督当局、「サハリン2」の停止求め提訴(06/09/06)
  • ロシア・ギリシャ・ブルガリア、黒海とエーゲ海結ぶ油送管建設計画で合意(06/09/05)
  • ロシア、イランが期限内に核開発を停止しなかったことは遺憾と表明(06/09/01)
  • ロシア旅客機、ウクライナ東部で墜落(06/08/23)
  • モスクワの市場で爆発、7人が死亡=ロシア非常事態省(06/08/21)
  • 軍備技術情報漏洩、在日ロシア人を書類送検(06/08/20)
  • ロシア警備艇の銃撃でカニ漁船一人死亡=北方領土・貝殻島付近海域(06/08/16)
  • ロシア政府、米による武器輸出企業への制裁は2国間関係に悪影響と警告(06/08/09)
  • ロシアで機密文書の入った金庫が消失、警察が捜索中(06/08/07)
  • 北朝鮮やロシアなど4カ国の企業7社に制裁措置=米国務省当局者(06/08/06)
  • ロシア:原油パイプライン破裂、原油流出で環境大惨事の恐れ(06/08/03)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)