印刷版   

金と銅が引き続き上昇、原油は3%高=27日米商品市況

 27日の米商品先物市場では、金と銅が引き続き値を戻した。原油も3%上昇。石油輸出国機構(OPEC)が価格の下落を防ぐため生産を縮小するとの見方が背景。

 ロイター・ジェフリーズCRB指数は、前営業日比0.6%高の304.32で終了。一時は304.58まで上昇した。

 トレーダーらは、商品価格上昇の一因として、8月の米新築1戸建て住宅販売が前月比4.1%増と予想以上に力強い数字となったことを指摘。また、ここ数週間の急落を受けた価格の回復は自然な動きとする声もある。

 COMEX金先物12月限は6.20ドル高の1オンス=603.30ドルで終了した。

 COMEX銅先物12月限は0.0210ドル高の1ポンド=3.4870ドルで終了。

 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物10月限は1.95ドル高の1バレル=62.96ドル。一時は9月19日以来の高値となる63ドルまで上げた。北海ブレント原油先物は2.09ドル高の1バレル=62.21ドル。

[ニューヨーク 27日 ロイター]

 (06/09/28 08:28)  





■関連文章
  • 中国の金融機関、QDIIに基づく海外投資枠の活用わずか(06/09/28)
  • 第20回傑出中国民主人士賞:高智晟、焦国標が受賞(06/09/27)
  • NY市場サマリー(26日)(06/09/27)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)
  • 中国:上海市党書記・陳良宇解任、前主席派閥の落日か(06/09/26)
  • 8月の中国の原油輸入量、前年比34.8%増=税関当局(06/09/26)
  • 米原油先物が下落、半年ぶりに1バレル60ドルを割り込む=時間外取引(06/09/25)
  • 北朝鮮難民救援基金・加藤事務局長「私にたいする逮捕状は、平壌の対日カード」(06/09/25)
  • 中国首脳と経済議論、改革タイミングで見解相違=米財務長官(06/09/22)
  • 金利調整はゆっくり進めていく=福井日銀総裁(06/09/22)
  • ポールソン米財務長官、中国に金融セクターの対外開放を促す(06/09/21)
  • NY市場サマリー(20日)(06/09/21)
  • 米FOMCがFF金利を予想通り据え置き、インフレ懸念は示す(06/09/21)
  • 北朝鮮情報員、金正日の国際スパイ組織を供述(06/09/20)
  • 東京基督教大学教授・西岡力氏講演、「激動する朝鮮半島」(06/09/20)