印刷版   

ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示

 ロシア天然資源監督局は、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェル(RDSa.L: 株価, 企業情報, レポート)率いるサハリン沖の原油・天然ガス開発事業サハリン2について、包括的な環境調査を指示した。

 天然資源省が25日、声明で発表した。トルトネフ天然資源相によると、調査範囲はプロジェクトの環境面に限られ、経済的側面には踏み込まない。

 声明は「調査結果に基づいてライセンスをはく奪することはない。調査は運営者が環境保護法を順守しているかどうかを調べるもので、サハリンや沖合の資源利用に他の側面から踏み込むものではない。われわれの目標にはプロジェクトの経済面は関与しない。政府の他の機関の問題だ」との同相の発言を引用している。

[モスクワ 25日 ロイター]

 (06/09/26 08:30)  





■関連文章
  • 8月の中国の原油輸入量、前年比34.8%増=税関当局(06/09/26)
  • 米原油先物が下落、半年ぶりに1バレル60ドルを割り込む=時間外取引(06/09/25)
  • 原油が半年ぶりの62ドル割れ=19日の欧米商品市況(06/09/20)
  • 「サハリン2」の環境に関する承認を取り消し=ロシア天然資源省(06/09/19)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • 銃撃されたロシア中銀のコズロフ第1副総裁が死亡(06/09/15)
  • IMF、中南米地域の経済成長率見通しを引き上げ(06/09/14)
  • ロシア中銀第1副総裁が銃撃され重傷=インタファクス(06/09/14)
  • 米原油先物は1バレル64ドル台に上昇、イラン核問題めぐるIAEA協議に注目(06/09/13)
  • ロシア外相、中東和平国際会議の開催を呼び掛け(06/09/08)
  • ロシア環境監督当局、「サハリン2」の停止求め提訴(06/09/06)
  • ロシア・ギリシャ・ブルガリア、黒海とエーゲ海結ぶ油送管建設計画で合意(06/09/05)
  • ロシア、イランが期限内に核開発を停止しなかったことは遺憾と表明(06/09/01)
  • ロシア旅客機、ウクライナ東部で墜落(06/08/23)
  • モスクワの市場で爆発、7人が死亡=ロシア非常事態省(06/08/21)