■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d70097.html



対日関係改善が最重要課題=安倍新総裁誕生で中国外務省

 中国外務省スポークスマンは21日、安倍官房長官が自民党総裁に選出されたことを受け、対日関係の改善が中国にとって最重要課題だ、との認識を示した。

 同スポークスマンは、定例記者会見で「中国と日本の関係にとって、ファンダメンタルな政治的障害を取り除くことが緊急の課題だ。それは現時点の最重要課題だ」と述べた。

 さらに、靖国神社への参拝問題に触れ、日中関係が改善するのは「(日本が)歴史問題を適切に処理」した場合に限られると指摘、安倍氏がこの問題について立場を明確にするまでは、将来の日中関係について楽観できるかどうかはわからない、と語った。

[北京 21日 ロイター]