■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/09/html/d80355.html



IMF、中南米地域の経済成長率見通しを引き上げ

 国際通貨基金(IMF)は14日、世界経済見通しを発表し、2006年の中南米地域の経済成長率見通しを従来予想の4.3%から4.75%に引き上げた。力強い域内需要と主要輸出向け商品の価格上昇が背景。

 ただ、原油高を生産や投資の増加につなげることはできなかった、と指摘した。

 国別ではブラジルの経済成長率見通しを06年が3.6%、07年は4.0%にいずれも上方修正。一方、インフレ率見通しは06年が4.5%で、07年は4.1%に減速するとした。

 メキシコの経済成長率見通しも06年が4.0%、07年は3.5%にいずれも上方修正した。

[ロイター14日=シンガポール]