印刷版   

10月2日、ライス米国務長官、イランは現段階では核開発停止を示唆していないと述べた。9月撮影(2006年 ロイター/Jim Bourg)

イラン、現段階では核開発停止を示唆していない=米国務長官

 ライス米国務長官は2日、イランが現段階では、ウラン濃縮停止計画を何も示唆していないと述べた。

 同長官は中東に向かう機上で記者団に対し、国連安保理常任理事国5カ国にドイツを加えた6カ国の外相が、週内にイラン核問題について協議する可能性があることを明らかにした。

 同長官は、イランのアハマディネジャド大統領が停止を拒否していると伝えられたことに言及し「イランから(ウラン濃縮)停止を示唆する発言を何も聞いていないというのが妥当」と述べた。

[シャノン(アイルランド) 2日 ロイター]

 (06/10/03 07:55)  





■関連文章
  • イランの核開発問題、EUとの交渉は正しい方向に進んでいる=イラン大統領(06/09/22)
  • 米国務長官、イラン核活動の一時停止中に協議に応じる可能性残す(06/09/12)
  • イラン、協議開始後にウラン濃縮活動一時停止の可能性=EU外交筋(06/09/12)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 米政府、偽米ドル製造で、北朝鮮に金融制裁(06/01/11)
  • ライス米国務長官:イラク戦争とその復興を語る(05/12/23)
  • ライス米国務長官、ロシアNGO規制法案に懸念表明(05/12/10)
  • ライス米国務長官、前香港民主党総裁と会談、普通選挙を支持(05/12/03)
  • 日米、軍事協定を新たに締結(05/11/02)
  • ライス米国務長官、日本政府首脳と会談(05/07/13)