印刷版   

船舶検査「特措法」、憲法との比較でおのずと限界=防衛長官

 久間章生防衛庁長官は、国連安全保障理事会の決議に基づいて実施する北朝鮮に出入りする船舶への検査に関し、まず周辺事態法を適用した上で、新たな特別措置法を検討するという2段階論について、憲法との比較の中でおのずと限界があるとの見解を示した。午後の衆院安全保障委員会で前田雄吉委員(民主)の質問への答弁。

 久間長官は船舶検査の2段階論について「現在の法律の不備を補うというのはいいこと。今回の事態(北朝鮮の核実験実施表明)を踏まえて一歩踏み込んでいいのではないかとの意見がまとまってくるのであれば、もう一歩踏み出すことはできるかも知れない」としながらも「逆に言えば、核実験をやったということだけで、憲法が変わるわけではない。憲法との比較の中で、どこまでできるかというのは、おのずから制約があると理解しておかないといけない」と慎重な見方を示した。

[東京 17日 ロイター]

 (06/10/18 08:35)  





■関連文章
  • 中国企業、北朝鮮から撤退の動き(06/10/18)
  • 北朝鮮が2回目の核実験実施しても意外感ない=米大統領報道官(06/10/18)
  • 次期国連事務総長、北朝鮮担当特使を指名の方針=英紙(06/10/17)
  • 北朝鮮核実験:中国大陸人民の反応=VOAリスナー(06/10/17)
  • 北朝鮮の核実験準備、情報は入っている=麻生外相(06/10/17)
  • 北朝鮮が2度目の核実験準備している兆候─韓国当局者=通信社(06/10/17)
  • 北朝鮮核実験後、中国から北朝鮮に、毎日四千トンの貨物を輸送(06/10/17)
  • 米偵察衛星、北朝鮮核実験場の近くで不審な動き察知=米テレビ(06/10/17)
  • 対北朝鮮の資金移転防止措置、国連で指定あれば対象を追加=財務次官(06/10/17)
  • 米政府、北朝鮮の核実験を確認(06/10/17)
  • 北朝鮮の6カ国協議復帰、制裁終わらせるには不十分=駐日米大使(06/10/16)
  • 日米韓外相会談、19日を念頭に調整中=塩崎官房長官(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議の貨物検査、大半は陸上で対処可=米国連大使(06/10/16)
  • 北朝鮮、国連制裁決議を拒否(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議:中国の外交辞令に惑わされず、行動を注視すべき=米国シンクタンク(06/10/15)