印刷版   

10月19日、安倍晋三首相(写真右)とライス米国務長官(左)は官邸内で会談し、北朝鮮問題で日米両国が連携を緊密化することを確認した。代表撮影(2006年 ロイター)

安倍首相とライス長官が会談、北朝鮮問題で連携の緊密化確認

 安倍晋三首相とライス米国務長官は19日午前、官邸内で会談し、北朝鮮問題で日米両国が連携を緊密化することを確認した。会談後、世耕弘成首相補佐官が明らかにした。

 会談では、安倍首相が「北朝鮮による挑戦の中で(日米同盟が)アジアの安定のための同盟であることを示したい」としたのに対し、ライス長官は「日米関係が揺るぎないことをはっきりさせるために来日した。日本の安全保障は米国の安全保障でもある」と応じた。

 安倍首相の先の中国と韓国への訪問について、ライス長官は「(日中間、日韓間の)これ以上の感情の悪化を防ぐことができた」と評価した。ライス長官は、中国について「北朝鮮の振る舞いに懸念を持っているようだ。北朝鮮が違う方向に向かうことへの努力を期待したい」とし、安倍首相も「(中国は)強い立場で対応している」と述べた。

 また、日本独自の北朝鮮への制裁について、安倍首相が金融制裁などを実施していることを説明し、ライス長官は「有効な措置だ」と指摘した。そのうえで、核開発を進めるイランへの制裁に関する国連決議について日本の支持を求め、国際金融分野での締め付けの必要性を強調した。

 これに対し、首相は「日本とイランは石油取引の関係があるが、核開発を止める取り組みに影響するものではない」と応じ、この問題に関しては米国と協議する考えを表明した。

 [東京 19日 ロイター]

 (06/10/19 15:28)  





■関連文章
  • 緊密な日米関係維持を確認=米国務長官との会談で官房長官(06/10/19)
  • 次期国連事務総長、北朝鮮担当特使を指名の方針=英紙(06/10/17)
  • ライス米国務長官、17─22日に日中韓を訪問へ(06/10/14)
  • 「いざなぎ」に並ぶ景気回復、今後も力強い成長にむけ努力=安倍首相(06/10/13)
  • 中国の温家宝首相と韓国の盧武鉉大統領、北朝鮮問題で13日会談(06/10/13)
  • 北朝鮮の行動は断じて容認できず、厳しい措置を決定=安倍首相(06/10/12)
  • 北朝鮮の2回目の核実験、兆候あったとの情報には接していない=安倍首相(06/10/11)
  • 再送:平和的・外交的解決が国際社会の一致した見解=北朝鮮で安倍首相(06/10/11)
  • 北朝鮮核実験、重大な脅威との認識で日韓首脳は一致=安倍首相(06/10/10)
  • 北朝鮮核実験、確認のため情報収集し分析=安倍首相(06/10/09)
  • 安倍首相が8日に中国で首脳会談、9日には韓国で(06/10/04)
  • 北朝鮮が核実験すれば、国際社会全体で厳しい対応=安倍首相(06/10/04)
  • 首相官邸が5日からメールマガジンとホームページを刷新(06/10/03)
  • デフレ完全脱却に政府・日銀一体で取り組む=安倍首相(06/10/02)
  • 消費税は全体の税制改革の中で議論=安倍首相(06/10/02)