印刷版   

10月19日、米国の核兵器に関する専門家2人は「アームズ・コントロール・トゥデイ」誌の分析の中で、北朝鮮が再度核実験を行う可能性が強いとの見方を示した。写真は中国との国境付近でサーチライトの取り付け作業を行う北朝鮮の兵士(2006年 ロイター)

北朝鮮、核実験を再度実施する可能性は高い=米専門家

 米国の核兵器に関する専門家2人は、19日発行された「アームズ・コントロール・トゥデイ」誌の分析の中で、北朝鮮が最初に行った核実験の爆発規模を考慮すれば、北朝鮮が保有する核兵器に信頼を置けないことは明白であり、従って再度核実験を行う可能性が強いとの見方を示した。

 物理学者のリチャード・ガーウィン氏とフランク・フォン・ヒッペル氏はまた、爆発規模が北朝鮮の核兵器設計者らが予想していた4キロトンであれ1キロトンであれ、「恐ろしい兵器」であることには変わりはない、としている。

 両氏によると、北朝鮮は10月9日の核実験前に中国に対し、実験規模は4キロトンの核爆発と伝えていたが、米国の有力地震学者らは規模を1キロトン未満と推定している。

 ネグロポンテ米国家情報長官は16日、北朝鮮が核実験を実施したことを確認したと発表、爆発規模は1キロトン未満との判断を示しており、両氏の分析はこの判断を裏付けている。

 両氏は「地震学者らが結論付けたように爆発の規模が計画段階の規模を大幅に下回ったのであれば、北朝鮮政府は保有する核兵器に信を置くことができず、チームが再編されるだろう」と指摘した上で「不完全な実験が北朝鮮による再度の実験につながる可能性は高い」との見方を示した。

[ワシントン 19日 ロイター]

 (06/10/20 12:29)  





■関連文章
  • 軍事用品積載の可能性がある北朝鮮の船を米情報機関が追跡=米TV(06/10/20)
  • 中国、北朝鮮への制裁を「故意に」拡大させないよう警告(06/10/20)
  • 金正日総書記と中国特使との協議は「友好的」=朝鮮中央通信(06/10/20)
  • 韓国、金剛山観光への補助金支給停止の方針=統一省高官(06/10/19)
  • 北朝鮮はあと3―4回核実験を行う可能性=韓国野党議員(06/10/19)
  • 安倍首相とライス長官が会談、北朝鮮問題で連携の緊密化確認(06/10/19)
  • 米大統領、北朝鮮に核兵器を売却しないよう警告(06/10/19)
  • 北朝鮮核実験によるアジア情勢の変化=台湾紙(06/10/19)
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)
  • 緊密な日米関係維持を確認=米国務長官との会談で官房長官(06/10/19)
  • 米中間選挙まで3週間、「10月サプライズ」はあるか(06/10/18)
  • 金正日総書記、核実験実施発表から初めて公の場に(06/10/18)
  • 北朝鮮が地下核実験の意向を中国に伝達─米当局者=NBC(06/10/18)
  • 船舶検査「特措法」、憲法との比較でおのずと限界=防衛長官(06/10/18)
  • 中国企業、北朝鮮から撤退の動き(06/10/18)