■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/10/html/d12512.html



10月5日、安倍首相は中・韓との首脳会談では北朝鮮問題での現状認識を一致させることが大切だと述べる(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

中・韓との首脳会談、現状認識を一致させること大切=北朝鮮問題で首相

 安倍晋三首相は、北朝鮮が核実験を実施した場合の追加制裁の可能性について聞かれ「まずは北朝鮮に対し、国際社会の懸念に応え、核実験をしないよう国際社会でメッセージを出すことが大切だ」と答えた。また、中国、韓国との首脳会談では「当然、現状について認識を一致させることが大切だ」とし、「将来、北朝鮮を国際社会が受け入れられるような路線に北朝鮮の政策を変えさせるために何ができるか、それぞれの首脳と話したい」と述べた。官邸内で記者団に語った。

 [ロイター5日=東京]