■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/10/html/d79478.html



金正日総書記と中国特使との協議は「友好的」=朝鮮中央通信

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信社(KCNA)は19日、同国の金正日総書記が、胡錦濤・中国国家主席の特使と朝鮮半島の安全保障について協議した、と伝えた。

 協議は「友好的」な雰囲気のなか行われた、としている。

KCNAは「中国の特使は、胡錦濤・国家主席の個人的なメッセージを金正日総書記に伝え、用意された贈り物を手渡した。総書記は感謝の意を示し、友好的な雰囲気のなか、特使と協議した」と報道。

 「議題は、両国の友好関係の発展、朝鮮半島の平和と安全保障の確保、相互に関心のある一連の国際問題だった」としている。

[ソウル 19日 ロイター]