■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/10/html/d92319.html



10月17日、ローマ中心部の地下鉄駅、ビットリオ・エマヌエレ駅で、列車同士が衝突する事故が起き、少なくとも1人死亡、重体の5人を含む236人が負傷した。写真は、事故現場(2006年 ロイター)

ローマの地下鉄で列車が追突、1人死亡・236人負傷

 ローマ中心部の地下鉄駅、ビットリオ・エマヌエレ駅で17日、列車同士が衝突する事故が起き、少なくとも1人死亡、重体の5人を含む236人が負傷した。当局が発表した。

 当局者らは、テロと関連があることを示すものはない、としている。

 事故では、同駅で列車が停止し乗客が乗り降りしているところに、後続列車が突っ込んだ、という。乗客の1人は「私が乗っていた列車の先頭車両の4分の1ほどが、めちゃくちゃになった」などと話している。

 同国のプロディ首相は、ロイターに対して「人的ミスなのか、信号に不具合があったのかについて、現在調査が行われている」と述べたほか「列車は新品で、技術上の問題があったとは思われない」としている。

[ローマ 17日 ロイター]