印刷版   


イラク大統領が今週末にイラン訪問、アハマディネジャド大統領と会談

 イラク政府は20日、タラバニ大統領が、イランのアハマディネジャド大統領と会談するため今週末テヘランを訪問すると発表した。

 イラクとイランの首脳会談は、25日と26日の2日間の予定。

 イラク政府報道官は、この首脳会談にシリアのアサド大統領が同席する可能性があるとの報道について、「これは2カ国間の首脳会談だ。3カ国首脳会談の招請はない」と否定。また「今回のイラン大統領による招請は、新しいものでない」と述べた。

 両首脳は、広範なテーマについて意見交換する予定という。

 9月にはマリキ・イラク首相がイランを訪問し、この際、アハマディネジャド大統領はイラク新政府への全面的な支持を表明した。

 [バグダッド 20日 ロイター]

 (06/11/21 11:53)  





■関連文章
  • EU、イラン核施設への技術協力要請を却下するようIAEAに求める(06/11/21)
  • イラク政府、今週中にシリアとの国交正常化(06/11/21)
  • イランの細菌兵器保有や北朝鮮の開発能力を懸念=BWC米代表(06/11/21)
  • 米中経済安全調査検討委員会、年度報告書発表、米政府に対中強硬姿勢求める(06/11/20)
  • 米中首脳会談、貿易や北朝鮮・イラン問題で協力求める(06/11/19)
  • イラク高等教育省から拉致の人質、大半が解放(06/11/15)
  • イラン、ウラン濃縮を続けるなら「経済的に孤立」=米大統領(06/11/14)
  • イラク政策、軌道修正の用意ある=米大統領首席補佐官(06/11/13)
  • イラクのマリキ首相、包括的な内閣改造計画を発表(06/11/13)
  • 米政府、イランとヒズボラを「テロの連鎖」と非難(06/11/13)
  • イラン、原子炉への技術支援をIAEAに要請へ(06/11/10)
  • ブッシュ米大統領、イラク政策で方向転換の可能性を示唆(06/11/10)
  • 米民主党指導部、イラク問題で超党派の会合開催をブッシュ大統領に要請(06/11/10)
  • 米国のイラク政策、うまくいっていない=ブッシュ大統領(06/11/09)
  • 日本の対イラク復興支援に変更はない=米中間選挙で安倍首相(06/11/09)