印刷版   


北朝鮮、6カ国協議復帰の用意=外務次官

 北朝鮮の金桂冠外務次官は28日、北京に到着後、北朝鮮が6カ国協議に復帰する用意があることを明らかにした。ただ、解決すべき米国との懸案問題が多くあるとの認識も示した。聯合ニュースが伝えた。

 同次官は記者団に対し、「核実験による防衛措置を完了したため、われわれはいつでも、6カ国協議に参加できる」とした上で、「われわれは(米国との間で)多くの懸案問題を抱えているが、ある程度解決する必要がある」と述べた。

 [ソウル 28日 ロイター]

 (06/11/28 14:44)  





■関連文章
  • イランの細菌兵器保有や北朝鮮の開発能力を懸念=BWC米代表(06/11/21)
  • 米中経済安全調査検討委員会、年度報告書発表、米政府に対中強硬姿勢求める(06/11/20)
  • G20、為替のさらなる柔軟性で一致もタイミングが問題(06/11/19)
  • 米中首脳会談、貿易や北朝鮮・イラン問題で協力求める(06/11/19)
  • カナダ、核問題で北朝鮮に特使を派遣=韓国政府(06/11/19)
  • 韓国大統領支持率、過去最低記録を更新(06/11/18)
  • APEC、地域安定や平和のために中身ある議論を=安倍首相(06/11/17)
  • 北朝鮮、核開発放棄に明確な意思示す必要=米国務長官(06/11/17)
  • 北朝鮮、6カ国協議で強硬姿勢強める見通し=訪朝した米専門家グループ(06/11/16)
  • 米民主党有力議員、北朝鮮問題で対話含む新アプローチを提案(06/11/16)
  • 北朝鮮、しょうこう熱流行の可能性=聯合ニュース(06/11/16)
  • 6カ国協議、12月初めに再開の見込み=米国務次官補(06/11/15)
  • 日本政府が北朝鮮向けぜいたく品輸出禁止措置で、牛肉など24品目を決定(06/11/14)
  • APECでは北朝鮮に強いメッセージを=塩崎官房長官(06/11/13)
  • 六カ国協議:中国問題専門家、北中韓の行動分析(06/11/11)