■大紀元日本 http://www.epochtimes.jp/jp/2006/11/html/d28234.html



ドル保有者はリスクに直面している=中国人民銀行副総裁

 中国人民銀行(中央銀行)の呉暁霊副総裁は24日、東アジアのドル保有者は、長期金利低下とドル安のリスクに直面していると述べた。マーケット・ニュース・インターナショナル(MNI)が伝えた。

 MNIによると、同副総裁は当地で開かれた会議で、ドルの保有者は2つの問題に直面していると指摘、「第1に、長期金利が低下している(債券投資のリターンの減少を意味)。第2に、主要な準備通貨であるドルの為替レートが低下しつつあり、東アジアの準備資産の価値の下落リスクが拡大している」と述べた。

 同副総裁はまた人民元について、中国企業には調整のための時間が必要であり、中国は性急に改革を進めるべきでないとの見解を示した。

[北京 24日 ロイター]