印刷版   


オーストラリアのコアラ生息地、森林火災で危機に

 オーストラリアで発生している森林火災により、有名なコアラ生息地が危機にさらされている。専門家らが4日に語った。

 2日以上にわたって燃え続けているピリガ自然保護区には、シドニーのタロンガ動物園から救助隊が派遣され、コアラの捜索活動などが行われている。

 ただ同動物園の広報担当者は、ロイターに対し「コアラは機敏に逃げることができないので、多くが死んだものと思われる」と話している。

 [キャンベラ 4日 ロイター]

 (06/12/04 14:36)  





■関連文章
  • 写真報道:23年ぶり、もっとも寒い6月=シドニー(06/07/06)
  • 「九評」シンポジウム:蘇家屯・臓器売買事件の信憑性について(1)(06/03/14)
  • 豪州:人種間衝突が歯止め利かず(05/12/15)
  • シドニー・クラヌラ海岸の人種間抗争、負傷者続出(05/12/13)
  • 脱党街宣車の放火犯を逮捕、法輪功弾圧に関連か(05/09/05)
  • シドニー討論会:中共による海外独立メディア弾圧の実態を暴露(05/08/30)
  • 今年の人気観光地ベストテン(05/07/16)
  • 政治亡命した中国外交官、中国スパイの名簿を所持(05/07/12)
  • 元外交官・陳用林氏:私はなぜ亡命したのか(前編)(05/06/29)
  • 豪州政府を買収する中共の戦略、亡命外交官が証言(05/06/26)
  • シドニー大紀元オフィスに 白い粉末入りの封筒(05/06/22)
  • シドニーの難民キャンプで発生した中国人集団自殺の真相(05/06/21)
  • 中国人集団自殺、シドニー難民留置センター(続報)(05/06/21)
  • 中国人集団自殺、シドニー難民留置センター(05/06/20)
  • 豪政府、中国国家安全局幹部の亡命申請を認定(05/06/11)